赤い車

査定の金額がお店によってバラバラなのは何故か?

駐車場

誰しも中古車を高く売りたいと思っていますよね。新車に替える、故障して動かなくなった、友達に譲る際の指標にしたい…。理由は様々あると思いますが、査定の金額がお店によってバラバラなのは何故か?そんな思いを抱かれる方も多い筈。
良く言えば「お店の個性」だし、査定する側の査定に関する眼力の良さとか、知識の有無、時勢に合わせた相場感覚を持っているか等様々要素はあります。買取店に関しては車種による得意分野もありますから、売却の際はその辺りは事前にチェックしておきたいものです。
そうした個人差を無くした上で、やはり公平中立に厳正な査定価格を出して欲しい。と言う希望もあります。その中で一番高い価格を提示してくれたお店で売却したい。とも思うのです。しかし、査定する側にとっては様々な条件下で対象の中古車を見なければなりません。一番厄介な条件として「雨の日の夜」です。お店によっては、そうした悪条件の下での査定は断るケースもあります。要するにしっかりと品定めが出来ないからです。それを逆手にとって来店されるお客様や業者の持ち込み車両もありますが、後から「天井に傷があった」「サイドステップに凹みがあった」と気づくのです。これは買取店にとっては「仕入れミス」となる訳で、ディーラーによっては「瑕疵」と判断し、例えば納車までの期間に起きた損傷に関して差額請求をする等の措置をとる場合があります(多少の事は目を瞑る事が多いですが)。
買取店にせよ、ディーラーの下取りにせよ、中古車を「仕入れる」事には違いがありませんから、お客様との折衝・商談は気持ちよく行いたいと考えています。金額の交渉も不利な条件下では、引き出せる部分も限られます。その意味でも、好条件下で双方歩み寄りながら商談を進める事が大切です。

Latest Post