赤い車

ディーラー時代の衝撃中古車下取り体験

ピンクの車

私は以前大阪の自動車販売会社で勤務しており、多くの下取りをしてきましたが、そのいくつかは高くも安くも驚きということがいくつかありましたが、そのひとつをお話したいと思います。
一見のお客様で軽自動車がほしいという事で尋ねてきたのですが、その下取りはボロボロな平成5年式のハイエース(軽油)でした。すでに新車登録から20年近くが経っていて、走行も25万キロほど走っている上に大小大きな傷だらけでとても下取りの金額は出ないと思って査定をした後に中古車部に流したのですが、結果は「30万」と出ました。こちらとしては高くてびっくりしたのですが、結果的に金額は出たのでこれを材料に商談を行って誓約まで至りました。
その後中古車部の人になぜあれほどの金額が出たのかとたずねると、ハイエースは東南アジアなどでとても人気があること、また軽油の車種も同じであること、ということが言われました。なんでもハイエースは特に人気が高く、国内で一番盗まれている車もハイエースなのだとか。とっても驚きました。
このように古いディーゼル車に乗っている人は思わぬ金額が出る可能性もあるので査定だけでもしてみるのもいいかもしれません。ちなみに余談ですが、車体に日本語が書かれてる車は日本製というアピールが出来るので結構高く売れるそうですよ。

Latest Post